アッシュコンセプト創立20周年記念 特別連載

アッシュコンセプト代表取締役・デザインプロデューサー
名児耶秀美が綴る、20年間の挑戦と歩み。

20stories

名児耶 秀美 なごや ひでよし
アッシュコンセプト 代表取締役 / デザインプロデューサー

Profile
武蔵野美術大学造形学部卒業、ペア・シュメルシュア(デザイナー)のもとでアシスタントを経て、㈱髙島屋宣伝部、㈱マーナ専務取締役企画室長として、経営・商品開発・プロデュース・マーケティング・デザイン戦略に携わる。2002年 アッシュコンセプトを設立。生活者とデザイナーが楽しめるモノづくりをめざし、デザイナーとのコラボレートブランド「+d (プラスディー)」をはじめ、様々な製品を発信。ジャパンブランド・地場産業振興コンサルティング等も手掛ける。2012年には直営のデザインプロダクトショップ「KONCENT」をオープンし、現在国内外に店舗を展開している。

アッシュコンセプト
創立20周年記念 特別連載

アッシュコンセプト代表取締役・
デザインプロデューサー 名児耶秀美が綴る、
20年間の挑戦と歩み。

20stories

名児耶 秀美

なごや ひでよし
アッシュコンセプト代表取締役 /
デザインプロデューサー

Profile
武蔵野美術大学造形学部卒業、ペア・シュメルシュア(デザイナー)のもとでアシスタントを経て、㈱髙島屋宣伝部、㈱マーナ専務取締役企画室長として、経営・商品開発・プロデュース・マーケティング・デザイン戦略に携わる。2002年 アッシュコンセプトを設立。生活者とデザイナーが楽しめるモノづくりをめざし、デザイナーとのコラボレートブランド「+d (プラスディー)」をはじめ、様々な製品を発信。ジャパンブランド・地場産業振興コンサルティング等も手掛ける。2012年には直営のデザインプロダクトショップ「KONCENT」をオープンし、現在国内外に店舗を展開している。

思考よりも行動。その積み重ねでたどり着いた“今”。​

たまに妻と一緒に趣味のゴルフをやる。その中で感じたことがあった。それは『ブラインド』と呼ばれる、グリーンやカップが見えないコースでドライバーを打つ時のこと。人によっては、キャディさんに「どこに打てばいいの?」などと尋ねる方もいるだろう。しかし答えはひとつ。(続きを読む

幼心に刻み込んだ、人生における決意。

2022年である現在から遡ること64年。1958年6月9日、東京の神田に今も残る浜田病院にて、父・名児耶清と母・名児耶清子の次男として、私はこの世に生を受けた。長男である兄が1人と姉が3人いて、さらに後になって弟となる三男が産まれたが、悲しいことに生を受けてすぐに命を落としている。(続きを読む

叱られ、何度も読まされた“人生のバイブル”。

1965年の春に地元の『浅草寺幼稚園』を卒園し、小学校へと進んだ。通っていたのは九段下駅の近くにある私立『暁星学園』。キリスト教を教育理念に持つその学校には、東京にある中小企業の経営者の息子たちが数多く通っていた。小・中・高の一貫教育であり、私も高校までをそこで過ごすこととなる。(続きを読む

中ランとボンタンの美大志望生、誕生。

前回お伝えした通り、「ケンカはしない不良」とでも呼べるような荒れた中学校生活を送った後、1974年に暁星学園高等部へと進学。仲間たちとの悪さにも飽きてしまったその頃の私は、人生で進むべき道を模索すべく「自分は何が好きなのか」をじっくりと考え始めていた。(続きを読む

授業の中で感じた、拭いきれない違和感。

1977年の春、私は武蔵野美術大学造形学科の『芸能デザイン学科』に入学した。晴れて念願だった美大生となったわけである。主に学んでいたのは、舞台やディスプレイといった商業ベースの空間演出に関わるデザイン。ちなみにアッシュコンセプトの直営店である『KONCENT』の各店舗で、商品を置くために続きを読む

知識や働き方、考え方。すべてを教わった人生の師との出会い。

先述の通り、人一倍不真面目な美大生だった私に、“人生の師”と呼べるまでに大きな影響を与える人との出会いが訪れた。その人は、デンマークから日本へと来ていたデザイナー、ペア・シュメルシュア氏(以下:ペアさん)。私は「デザインとはなんたるか」のすべてを、大学の教室ではなく、アルバイト先だった(続きを読む

安売りはしない。若手の生意気な発言は、今も変わらぬ商売の基本。

決して褒められるような大学生活は送っていなかったが、1981年の3月、私は無事に武蔵野美術大学を卒業することとなる。就職活動を行う中で、OA機器などを扱う大手メーカーから内定をいただき、そこに就職するつもりだった。しかし卒業を間近に控えたタイミングで、ペアさんから思わぬ声がかけられる。(続きを読む

クライアントは実家。デザインとユーザー目線で急成長を。

高島屋に入社してから3年。忙しくも充実した社会人生活を送る中で「父が倒れた」と家族から連絡を受け、私は病院へと見舞いに行った。そこで父から意外な申し出を受ける。「家業であるマーナを手伝ってくれ」本当に驚いた。この連載の中でもお伝えしてきた通り、小さな頃からずっと「お前は次男坊だから、続きを読む

譲れない思い。人生をかけた恩返しを、デザイナーに。

私の入社後、マーナは着実に業績を伸ばし、組織の規模を拡大させながら、いくつものヒット商品をうみ出していった。それらの海外展開の強化に向けて、またよりよい生産工場を求め、さらに展示会への出展や視察などを目的に、ヨーロッパやアメリカ、中国、その他の国々を含め、この頃の私は何度も海を渡って(続きを読む

「デザイン」ひとつを手に、商品がないままの出港。

18年間にわたって勤めてきたマーナを退職した私は、少しの間も空けずに新しい会社を設立することにした。そうなると当然、社名を考えなければならない。これまで公に語ったことはあまりないが、はじめは名前をそのまま使って『ヒデヨシ商店』という案もあった。しかしそれではさすがに少し不恰好である。続きを読む

ひとりきりでの再スタート。人に恵まれ、すぐに増えた仲間たち。

前回お伝えした通り、2002年2月に登記を済ませ、同年4月よりアッシュコンセプト株式会社は事業をスタートさせた。しかしこれも繰り返しになるが、メーカーであるにも関わらず、売る商品を何ひとつ持たない状態。1年ほどは自分の報酬はとらず、貯金を食いつぶすしかないと覚悟を決めていた。続きを読む

思考よりも行動。
その積み重ねでたどり着いた“今”。​

たまに妻と一緒に趣味のゴルフをやる。その中で感じたことがあった。それは『ブラインド』と呼ばれる、グリーンやカップが見えないコースでドライバーを打つ時のこと。人によっては、キャディさんに「どこに打てばいいの?」などと尋ねる方もいるだろう。しかし答えはひとつ。(続きを読む

幼心に刻み込んだ、
人生における決意。

2022年である現在から遡ること64年。1958年6月9日、東京の神田に今も残る浜田病院にて、父・名児耶清と母・名児耶清子の次男として、私はこの世に生を受けた。長男である兄が1人と姉が3人いて、さらに後になって弟となる三男が産まれたが、悲しいことに生を受けてすぐに命を落としている。(続きを読む

叱られ、何度も読まされた
“人生のバイブル”。

1965年の春に地元の『浅草寺幼稚園』を卒園し、小学校へと進んだ。通っていたのは九段下駅の近くにある私立『暁星学園』。キリスト教を教育理念に持つその学校には、東京にある中小企業の経営者の息子たちが数多く通っていた。小・中・高の一貫教育であり、私も高校までをそこで過ごすこととなる。(続きを読む

中ランとボンタンの
美大志望生、誕生。

前回お伝えした通り、「ケンカはしない不良」とでも呼べるような荒れた中学校生活を送った後、1974年に暁星学園高等部へと進学。仲間たちとの悪さにも飽きてしまったその頃の私は、人生で進むべき道を模索すべく「自分は何が好きなのか」をじっくりと考え始めていた。(続きを読む

授業の中で感じた、
拭いきれない違和感。

1977年の春、私は武蔵野美術大学造形学科の『芸能デザイン学科』に入学した。晴れて念願だった美大生となったわけである。主に学んでいたのは、舞台やディスプレイといった商業ベースの空間演出に関わるデザイン。ちなみにアッシュコンセプトの直営店である『KONCENT』の各店舗で、(続きを読む

知識や働き方、考え方。すべてを教わった人生の師との出会い。

先述の通り、人一倍不真面目な美大生だった私に、“人生の師”と呼べるまでに大きな影響を与える人との出会いが訪れた。その人は、デンマークから日本へと来ていたデザイナー、ペア・シュメルシュア氏(以下:ペアさん)。私は「デザインとはなんたるか」のすべてを、大学の教室ではなく(続きを読む

安売りはしない。 若手の生意気な発言は、今も変わらぬ商売の基本。

決して褒められるような大学生活は送っていなかったが、1981年の3月、私は無事に武蔵野美術大学を卒業することとなる。就職活動を行う中で、OA機器などを扱う大手メーカーから内定をいただき、そこに就職するつもりだった。しかし卒業を間近に控えたタイミングで、ペアさんから(続きを読む

クライアントは実家。デザインと
ユーザー目線で急成長を。

高島屋に入社してから3年。忙しくも充実した社会人生活を送る中で「父が倒れた」と家族から連絡を受け、私は病院へと見舞いに行った。そこで父から意外な申し出を受ける。「家業であるマーナを手伝ってくれ」本当に驚いた。この連載の中でもお伝えしてきた通り、小さな頃からずっと(続きを読む

譲れない思い。人生をかけた恩返しを、デザイナーに。

私の入社後、マーナは着実に業績を伸ばし、組織の規模を拡大させながら、いくつものヒット商品をうみ出していった。それらの海外展開の強化に向けて、またよりよい生産工場を求め、さらに展示会への出展や視察などを目的に、ヨーロッパやアメリカ、中国、その他の国々を含め、(続きを読む

「デザイン」ひとつを手に、商品がないままの出港。

18年間にわたって勤めてきたマーナを退職した私は、少しの間も空けずに新しい会社を設立することにした。そうなると当然、社名を考えなければならない。これまで公に語ったことはあまりないが、はじめは名前をそのまま使って『ヒデヨシ商店』という案もあった。しかしそれではさすがに(続きを読む

ひとりきりでの再スタート。人に恵まれ、すぐに増えた仲間たち。

前回お伝えした通り、2002年2月に登記を済ませ、同年4月よりアッシュコンセプト株式会社は事業をスタートさせた。しかしこれも繰り返しになるが、メーカーであるにも関わらず、売る商品を何ひとつ持たない状態。1年ほどは自分の報酬はとらず、貯金を食いつぶすしかないと覚悟を決め(続きを読む

continued
continued
Back to top